自動車保険の見直しは契約更新時期にやるのがコツ!

毎年更新が必要な自動車保険。
特に考えることもなく毎年更新を繰り返しているという人も多いのではないでしょうか。

そして、車を購入した際にディーラーなどに進められて一緒に入った自動車保険に、そのまま入り続けているという人も沢山いると思います。
見直しを今までやっていない人は、非常に勿体無い事をしている可能性があります。

一度、保障内容や付帯サービスなどを、しっかり見直して確認してみてください。
実は、自分にとっては必要のない保障内容であるようなケースもあるのです。

例えば、自動車保険に加入した際は、自分以外の家族が運転する可能性があったのだけれど、現在は自分以外が運転する可能性がないとうような場合です。

保障の内容を本人限定にするだけで、毎年の支払い金額が変わって安くなります。
マイカー通勤をしていた人が、電車通勤に変わり、車の使用頻度が極端に減ったというような場合も同様です。

何となく面倒だし、誰も提案をしてくれないから、ついつい契約内容を見直しをせずに、契約の更新を行ってしまいがちです。

しかし、運転環境も1年経つと変わっていることもあります。
ただでさえ維持費がかかる車の所有です。

少しでも自動車保険の費用を抑えるためにも、毎年の契約更新時期に見直しするのがポイントではないでしょうか。

参考:自動車保険を見直しする時期とポイントは?

住宅ローンを定年退職までに返済するのは大変!

誰でも住宅を購入するために、一括では無理なので、分割で買うと思います。
でも、人生も住宅ローンも長いから何が起こるかわかりません。
当然長い年月返済するわけで、若い時の未熟な経験でローンを組んでしまうわけなので無謀なこともできるんですけれど(笑

我が家ももちろん住宅ローンで住宅購入したんですけれど、返済金額85000円/月で20年。
借入金額1500万円でした。
ないから借りるわけなんですけれどね、毎月返済の利息って考えて安い金利のもので借りたつもりでもバカバカしいものだなぁって思います。
1500万なんで都心で購入なさってる方なんかに比べると可愛らしい金額なんですけれど。
友人も当たり前で3000万円~5000万円で土地と住宅を購入しています。

我が家は50歳になる前に返済できるんですけれど、みんな定年退職の年齢までとか、退職金もあてにしてとか、大変だなぁって思います。
当たり前なんですけれど、子供が生まれて学費や教育費にたくさんのお金がかかったり、車にお金がかかったり、家族のために補償を厚くするために保険に入ったり。
出費が増えるところに住宅ローンってこたえます。
ちゃんと予測でれば良いのですけど、やっぱり難しいです。

仕事は自営業で順調だったんですけれど、東北の震災の後、機材が入ってこない事情でストップしてしまって住宅ローンを払えないって思うようになりました。
サラリーマンの方でも、転職したり、退職したりすると、同じように大変になると思います。
私は、思い立ったら吉日で銀行に行って相談して減額・期間延長しました。
おかげさまでなんとか返済できています。
最後まで延滞なくきちんと返せますように!

参考:住宅ローン返済中に退職してしまった体験談

住宅ローン返済にかかる期間を短くする方法とは?

住宅ローンを正しく選ぶには内容を確認してから選ぶ必要があり、今後の収入の状況を考える必要があります。
正しく返済するためには収入の状況を正しく分析する必要があり、期間を短くするには返済する回数を少なくする方法が望ましいです。

返済の方法を正しく選ぶには返済シミュレーションを活用して今後の生活に影響が出ないように正しい方法を選ぶ必要があり、今後の人生の計画を考えて正しい方法を選ぶことが重要です。

返済にかかる期間が長くなれば老後の生活にも影響があり、退職する前に返済を完了させる方法が望ましいです。

住宅ローンを正しく返済するには今後の収入の見込みを計算し、無理の無い方法で支払うことが大事です。
ローンは比較的多くのお金を借りるために、返済期間が長くなることが多く退職をする時期を見据えてから返済方法を考える必要があります。

住宅ローンを返済するためには仕組みを正しく理解する必要があり、退職するまでの期間の生活に必要な金額を正しく計算してから返済計画を考えることが重要です。

老後の生活に影響を与えないようにするためには返済期間をなるべく短くすることが重要であり、一回あたりに支払う金額を多めにできるように生活のスタイルを考える方法が望ましいです。

着物を着て大相撲を桟敷席で見た!

初大相撲観戦です。
桟敷席を譲っていただきましたので、着物を着て出かけましたが、ずっと上のほうの席でしたので、TVには映らず~残念でした。

桟敷席は狭いです!4人席ですが、きつきつです。
正座が苦手で、しかも着物なので、長い時間は座っていられません。

PR:東京都の着物買取でおすすめは?

館内が暑かったので、何度も席を立って、涼みがてら水分補給をしにまわりの通路に出ました。
オペラグラスを持っていきましたが、桟敷席では近すぎますね。
使いませんでした。

生の迫力はスゴイです。
あちこちから声援が飛び交います。
子供の声援もたくさん聞こえました。
子供の相撲ファンも多いのですね。

会場に入ったときには、まだ空席が目立っていたのですが、中入りを過ぎるころからどんどん席が埋まってきました。
TVで良く見ている関取の取り組みになると、面白くなってきます。
館内の声援も盛り上がってきます。

人気力士が負けると、館内で「あ~ぁ」のため息があちこちから・・懸賞の多さに歓声があがり、TVでは見られない館内の様子がとても感動でした。
大勢の観客の一体感がすごかったです!
着物を着て正座でひざはきつかったですが、とても楽しい時間でした。

こんどTVで相撲を見る時には、私も声援しながら見ようかな~と、思っています。
大きな声を出して・・